学校で合唱を行う利点

学校での音楽で合唱をする

学校の音楽教育における合唱

音楽には色々な楽しみがあり、楽器を演奏する事に喜びを感じる人もいれば、歌によって自分を表現する事を楽しむ人もいるでしょう。中でも学校での合唱は、人生の中でもかけがえのない思い出になる事は少なくありません。それはどうしてかというと、クラスの友達や合唱クラブの仲間などと一緒に、心を合わせて歌うという事、特にコンクールなどに向けて朝早くから学校に集まって練習をするというような経験をともにする事で、連帯感が生まれ、大勢で何か一つの事をやり遂げる喜びというものを実感する事が多いからです。それによって、社会に出てから周りと協調していけるようになるなど、様々な利点もあるという事が出来ます。

学校で音楽を学ぶことの意義

学校で学ぶ音楽という科目は、国語や数学のように机に向かって行うものではなく、歌を歌ったり、楽器を鳴らしてみたりと、他とは違った特徴を持ちます。そのため、体育や図画工作などと並んで、人気のある科目の1つとされています。学校で音楽を学ぶ目的は、歌や楽器を上達させることではなく、世界的に有名なクラシックや日本の曲などを、作曲家や作られた時代の歴史を感じながら聞いたり歌ったりすることによって、最低限の文化を感じさせることです。また、合唱などを通じて、みんなで力を合わせる難しさや楽しさを理解するためにも必要とされる科目といえるでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 学校の音楽で楽器を使う All rights reserved