学校の音楽でのピアノ

学校でのピアノの大切さ

学校の音楽教育でピアノと関わる

中学生くらいになると学校の宿題や学習塾での勉強、クラブ活動などとの両立が難しくなり、幼い時から習ってきたピアノのレッスンをやめる子どもも増えてきます。しかし、音楽をすることの本当の喜びというのは、感受性が敏感になっていく思春期にこそ身についていけるものではないでしょうか。そんな中で、学校教育の場で子どもたちがピアノと関わる機会があることは大切なことです。授業やクラブ活動、合唱コンクールの伴奏などで演奏する機会があると、仲間との音楽的交流という、個人レッスンではできない経験をすることができます。それを通して、レッスンをやめるのを思いとどまったり、もっと練習を熱心にしようと思ったりする子どもたちも出てくることが考えられます。

学校で音楽をやる意義について

学校では、教科に音楽があります。国語や算数などの座学と違って、活動することが多いです。みんなで歌を歌ったり楽器を演奏したりして、協調性を育てることが可能です。1人が違うことをしてしまえば、曲が成り立たなくなってしまうことがあるからです。また、学校には発表の機会が用意されていることが多いです。それに向けて一生懸命練習する継続力や本番1回で発表する集中力が育まれます。教科の中では減らされつつありますが、子供の感性や情操を育てることができるので、安易に減らすのは良くありません。脳には右脳と左脳があり、音楽は主に右脳が使われます。脳の左脳と右脳をバランスよく鍛えられるように教育を考えて行くべきです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 学校の音楽で楽器を使う All rights reserved