音楽教師を目指す学校

学校教育における音楽教師

音楽の先生になるための学校とは

音楽の先生と言っても、小中学校の教師やピアノなどの楽器の先生まで、さまざまなタイプが存在します。どのタイプの教師になるにせよ、必要なのはもちろん音楽や楽器の知識、そして、歌唱や演奏する技術も必要になります。もしも公立や私立の学校の教師を目指すなら、知識や技能だけではなく、教員免許を取得しなければなりません。しかし、ピアノやヴァイオリンなどの器楽や声楽の専門教師なら、4年制だけではなく短大や専門校卒業でも就職は可能です。もちろん、自宅で教室を開いて生徒を持つことも出来ますね。大手楽器店の教室講師になるためには、実技と筆記試験に合格する必要があります。

学校教育における音楽科について

小・中学校において、音楽科は必修教科として設定され、各学年とも週1~2時間の学習が定められています。内容においては、大きく分けて表現(歌唱・器楽・創作)と鑑賞に分けられ、各領域とも学年ごとの指導内容と目標が学習指導内容に明記されています。歌唱と鑑賞については、各学年ごとに数曲ずつの共通教材が指定されています。器楽については、小1~2年で鍵盤ハーモニカ、3年以降でリコーダーを中心というのが一般的になっています。中学では教科担当者が授業を行っています。小学校でも一部、音楽の専科担当者が置かれているところもあります。なお、高校においては芸術科の中の選択教科としての位置づけとなっています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 学校の音楽で楽器を使う All rights reserved